2007年8月14日 (火)

最初に:Y.Sと申します。先日、私は自動車評論家の国沢氏の掲示板に質問を投稿したのですが、

この掲示板は管理者の許可が無いと投稿内容が掲示されず、

その機能によって経緯が隠されてしまいました。

そのため、すべてを知っていただきたくblogとさせていただきました。

私は特に掲示板を荒らすような人間でないという事だけ皆様にご理解頂ければ

このblogを立ち上げた意義はあったと思う次第であります。

赤字が表題、投稿者等の情報、黒字が本文、青字が私の意見です。

掲示板の情報に捏造等は一切ありません。そのままコピペをしております。

最初は「じゅね」という人のこの投稿から始まりました。

トラックEV化の可能性について  投稿者:じゅね  投稿日:2007年 7月30日(月)21時45分56秒

初めまして。
常々考えていることなのですが、「トラックのEV化」の可能性は無いのでしょうか?
まだ、バッテリーのエネルギー密度が低いとしても、
①バッテリーの搭載場所が運転席と荷台を浸食しない場所に大量にある
②インホイールモーター化した場合にエンジンとトランスミッション、
 デファレンシャルギア系統、プロペラシャフトが不要になる。
③走行騒音低下
④排気ガス減少
等のメリットは乗用車をEV化するよりもはるかに大きいと思うのですが、
如何お考えでしょう?

また、三菱系の会社であれば、MiVEの経験により、
資材の調達も有利ではないかと思いますが。

素人考えですが、お答えいただければ幸いです。

それに対する回答がこれ。

いろいろと 投稿者:弟子永田  投稿日:2007年 7月30日(月)23時39分54秒

じゅね様
全く個人的な考えですが、バッテリーをたくさん積んだとして
トラックの重さまで含めると航続距離がどのくらい確保できるかな?と思います
(実際のところは分かりませんが)。
それとホイールインモーターは信頼性の確保と万一故障した場合に、
左右で違うタイヤの回転数になってとんでもないことになるというリスクへの対応が
難しいのではないでしょうか。
そう考えると、近距離だけで使うトラックに関しては考えられるかなと考えます。

「じゅね」氏はこの回答に対してさらに質問。

お返事ありがとうございます。  投稿者:じゅね  投稿日:2007年 7月31日(火)19時55分49秒

弟子永田様、航続距離については同感です。
インホイールモーターの片側駆動の消失による危険性ですが、私は以下のように考えているのですが、間違いでしょうか?
左右の駆動輪のうち片側の駆動が消失した場合、大きな事故にはなり得ない。なぜならば片側の駆動が消失しても、引きずりや逆回転をする訳ではないので、車体の回転モーメントを生成することには積極的に関与しない。
モーターのトラブルを考える時、電力の供給が停止するか出力が低くなることはあっても逆回転制御になることはあまり考えられない。
いかがでしょう?

その質問に対する回答。

じゅね様 投稿者:弟子永田  投稿日:2007年 8月 1日(水)10時56分47秒

ホイールインモーターが逆に回ることやタイヤの回転数がいきなりゼロになることはないとしても、
やっぱり左右で大きな回転差が出れば危険ではないでしょうか。

この時点で割り込み質問となってしまうが、私(Y.S)が初の投稿。

インホイールモーター  投稿者:Y.S  投稿日:2007年 8月 1日(水)13時54分57秒

モータの信頼性は内燃機関よりも
ずっと信頼性が高いのではないでしょうか。
プリウスのモータ、故障率はどれくらいなのでしょうね?

また万が一、片方の出力停止したときでも
もう片方の出力を強制停止させる制御を入れればいい話です。
この程度の制御なんて簡単ですよ。

http://www.meidensha.co.jp/pages/tech34/techno/2004-02/index.html
8輪のインホイールモータで
時速300km/k以上で真っ直ぐ走らせる技術があれば。
8輪のうちの1輪の回転数が僅かでも狂えば大事故ですからね。
取材してみてはいかがでしょうか?

遠まわしに取材をお願いしたのだが、取材先が先生だった模様の回答。

ホイールインモーター 投稿者:弟子永田  投稿日:2007年 8月 1日(水)14時41分28秒

国沢師匠によれば「エンジンとモーターでどちらが信頼性は高いかは別として、
ホイールインモーターだとパッキンなどの劣化(水や雪などに対しても含めて)
が長いサイクルで見ると心配。片側が故障して、
もう一方を止める対処も瞬時に止めてもどうしてもタイムラグは出るので、やっぱり危険です」とのこと。

やっぱり普及はかなり先なのではないでしょうか。

パッキンの劣化?10年経過して水漏れする車はどこにあるのやら。

インホイールモーター 投稿者:Y.S  投稿日:2007年 8月 1日(水)17時07分24秒

仮に市販化するならパッキンなどの劣化の対策は
当然メーカーがどうにかするでしょう。
技術的に難しいことでは無い気がします。

先程も書きましたが
時速300km/h以上の8輪制御のタイムラグを考慮すれば
時速100km/hの2輪制御のタイムラグは微々たる物でしょう。
駆動輪のパンクに比べれば危険度は少ないですよ。

普及となるとハードルは高いでしょうが、
インホイールモーターの危険性という理由かどうか疑問です。

ホイールインだかインホイールだか・・表題は自説を曲げない。

ホイールインモーター等 投稿者:弟子永田  投稿日:2007年 8月 2日(木)11時34分9秒

経験したことはないかので実際のところは分かりませんが、
もし100キロで回転差が1メートル出てしまったら
(緊急オフスイッチがあってもそのくらいは出てしまうそうです)とんでもないことになるとのこと。
「一歩間違えば凶器になる」というクルマの性質を考えれば微々たるものとは言えないとかと。

 そのあたりはホイールインモーターの是非や実用化とは別として、
あれだけランエボのEVなどでホイールインモーターに熱心だった三菱が
アイのEVでは通常の構造にしてきたことが象徴しているのではないでしょうか。

1mの根拠が不明ですね。電子制御のタイムラグの短さをご存知ないのでしょうか。

インホイールモーター(最後) 投稿者:Y.S  投稿日:2007年 8月 2日(木)16時08分17秒

長くなるので最後の投稿とします。

1mというのはどのような根拠か不明ですが、
仮に1mの誤差を考えてみます。

100km/hはおよそ秒速28mですね。
1mという事は1/28秒(=36ミリ秒)。
自動車の電子制御は36ミリ秒もかかるのでしょうか。

また、上記前提は0km/h対100km/hの場合です。
モーターが故障しても突然0kmになる(ロックする)事は無く、
突然出力が止まっても慣性で回り続けます。

仮に36ミリ秒後に出力停止しても
故障モーター側が慣性で回っているため、
一瞬ハンドルがとられる程度と思います。

長々と失礼しました。

最後にしようと思ったのですが、先生直々にご登場。

YSさん  投稿者:国沢光宏  投稿日:2007年 8月 2日(木)16時57分7秒

フル加速状態でのインホイールモーターの片側失陥を体験したことがありますか?
1mというのは前後方向でなく左右方向の「振れ」です。
ハンドルを取られるのはご指摘の通り一瞬ですが、
高速道路では決定的です。

もちろんインホイールモーターの支持は大いに良いと思います。
今後も続けてください。
ただ自動車メーカーは少なくとも当面採用しないでしょう。

この件の最初に戻ります。
ごく低速で走るトラックなら有用なシステムかもしれませんが、
重いトラックをダイレクトで駆動できるモーターは、
ホイールに収まらないでしょうね。

ご経験があるとのこと。先生も取材されているんですね。

感激です! 投稿者:Y.S  投稿日:2007年 8月 3日(金)07時58分14秒

最後にしようと思っていたのですが、
先生から直接お言葉をいただけるとは予想外の感激で、
もう一回だけ書き込みます。

>インホイールモーターの片側失陥を体験したことがありますか?
素人の私なので未体験ですが、
このようなご質問をいただくということは
試乗ができるのですね?しかも片側失陥状態でも。
先生はどこで試乗されたのでしょうか?
ぜひ一度試乗してみたいのでご教授願えれば光栄です。

取材先が知りたかったのですが、はぐらかされました。

YSさん 投稿者:国沢光宏  投稿日:2007年 8月 3日(金)09時43分9秒

申し訳ないです。
割と詳しいようなので、
関係のお仕事をしているのかとカン違いしました。

開発中の双発航空機のエンジン片側停止試験と同じく、
普通の人には体験出来ないことです。

ここで終わりにしようと思っていたのですが、休日中に偶然資料を見つけたので質問を出しました。日産の新型ディーゼルが発表になった直後なのでそれと合わせて。

技術の進歩  投稿者:Y.S  投稿日:2007年 8月 8日(水)08時24分40秒

ディーゼルに限らず技術の進歩は早いですね。
古い常識が常識でなくなり、新しい常識になります。
既存の常識にとらわれず常識の見直しが常に必要ですね。

さて、インホイールモータのモータ失陥ですが、
昨年秋に提出された論文を見つけました。

アジェンダ
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004762093/

本文(pdfです)
http://ci.nii.ac.jp/cinii/servlet/CiNiiLog_Navi?name=nels&type=pdf?=jp&id=ART0007502843

実走テストの結果、
通常の場合、確かに先生のおっしゃるとおり
高加速中に失陥すると半車線分近く振られるそうです。
ただ、出力カット制御の対策を施した結果、
風安定性試験以内のレベルに抑えられるようになったとあります。

この論文が記載されたのは昨年6月なので、
先生が試乗された際に出た問題点を克服したと考えてよさそうです。
技術は進んでいるんですね。

先生のメンツを潰さないよう、新しい資料だという事を出したのですが・・。

YSさん  投稿者:国沢  投稿日:2007年 8月 8日(水)23時38分18秒

横風時の安定性は、横風が吹いている、
という認識があってのものです。

横風を全く予測出来ないときに吹かれたら、
間違いなく対応できません。

試験の前提条件が間違っていると思いませんか?

私らの仕事は、発表されることを素直に受け入れることじゃないです。
一度疑い、検証しなければなりません。

資料をちゃんとお読みになっていないのでしょうか?検証するならまず当該資料を理解されるべきだと思って下記質問をしました。・・のですが、投稿は表示されませんでした。

投稿者:Y.S  投稿日:2007年 8月 9日(木) 朝(投稿は表示されず)

>横風時の安定性は、横風が吹いている、
>という認識があってのものです。
>
>横風を全く予測出来ないときに吹かれたら、
>間違いなく対応できません。

本文4-2評価方法に記載されている通り、
「突然の横風によって発生した挙動変化の数値」です。
人間的な「認識」や「対応」は関係無いと思います。

当方、素人なので横風安定性試験のJASO規格とやらの資料が無い為、
詳細は不明ですが、
突然の横風によって発生する挙動変化の数値を出し、
それが安全と思われる範囲内であるという事でしょう。
(例えば車線をはみ出さない、横転しないレベル)
当然数値にも相応の安全マージンが取られているはずです。
少なくとも数値がその範囲内であれば
人間的には対応できずに相当ヒヤっとする挙動になると思いますが
車線をはみ出す程の危険な挙動変化は起こらないという事です。
自動車メーカーもそういう数値の範囲内での自動車を作成しているはずです。

>試験の前提条件が間違っていると思いませんか?

話は戻りますが、件のインホイールモーター車の試験は
その範囲内の挙動変化しか発生しなかったと理解していおり、
妥当ではないかと愚考します。

私の投稿は表に出さず、夜中になって下記回答のみ表示されました。この質問以降、先生の態度が突然硬化する。

YSさん  投稿者:国沢光宏  投稿日:2007年 8月 9日(木)23時00分51秒

もし続きを御希望でしたら自己紹介願えますか?
納得行くまで論議しましょう。

YSさんのホストを調べたら、
いろんな掲示板でアクセス制限されているようです。

朝、掲示板を見て愕然としました。ア・・アクセス制限? 

私、一度もアクセス制限などされたことありませんが。

知らない人が見たら私はネットで荒らしまくっている人みたいな印象を与えてしまいます。

投稿者:Y.S  投稿日:2007年 8月 10日(金) 朝(投稿は表示されず)

誓って申し上げますが、私はいかなるサイト、
掲示板においてもアクセス制限されたことはありません。

証拠を出せとは申しませんが、
下2行については即刻削除をお願いします。
非常に不快です。

この文章は掲示しなくても結構です。

24時間我慢しましたが、このメッセージが削除される気配が無いので翌朝、さらに投稿。

投稿者:Y.S  投稿日:2007年 8月 11日(土) 朝(投稿は表示されず)

当方、会社のPCから始業時間前、就業時間後、休憩時間の合間に
投稿させていただいています。
会社のメールアドレスでは問題あるので携帯のアドレスを載せます。
こちらにメールを頂ければ当方の自己紹介を返信します。

****@ezweb.ne.jp
ちなみに自己紹介というのはどのレベルまででしょうか?
住所の番地や電話番号もですか?

昨日は時間が無く、投稿後に外出してしまったのですが、
24時間経過しても掲示板で「アクセス制限」の件、
いまだに記載されていますよね。
残しているという事は相応の証拠があるという事だと思いますが、
お手数おかけして申し訳ないですが、証拠を提示願います。
何かの間違いですから。
この件に関して大変遺憾に思います。

8/11昼前
「アクセス制限されているようです。」の投稿が削除される。
とほぼ同時?に下記が表示された。

YSさん  投稿者:国沢光宏  投稿日:2007年 8月11日(土)10時17分9秒
書き込み、読みました。
では本名での書き込みでどうでしょう?

本名で投稿しろと?

投稿者:Y.S  投稿日:2007年 8月 11日(土) 昼休み(投稿は表示されず)

アクセス制限の書き込みの削除、ありがとうございます。
削除されたという事は「アクセス制限」は何らかの間違いですよね?
ただ、第三者的に見ると
私への印象は未だに「アクセス制限を受けたことのあるY.S」で残ってしまいます。
一言、「アクセス制限の件は間違いでした」の掲載をお願いします。

当方、一ファンとして先生に失礼なきように気を使いながら
疑問に思ったことを率直に質問させていただいておりました。
先生直々に返答いただき、大変光栄に思っておりました。
また、先生に個人情報を提出するのは
やぶさかではないと先程も申し上げました。
しかしながら、
本名を掲示板上に晒さなければ議論をお断りという対応には
納得できません。

他の方は本名の必要が無く、私だけ特別に
「本名での書き込みをしてください、さもなくば議論はお断り」
という根拠の提示をお願いします。

8月14日現在、この投稿は無視されたままです。

この様子を知らない第三者から見れば「Y.Sは荒らしで、本名を出せない奴だ」程度の認識をされてしまいます。

話は変わりますが、

私、苗字もそうですが、少し変わった名を祖父につけられ、ネットで本名を検索するとあっという間にどこの誰でどこに勤めているか、わかってしまいます。

たかだかこの程度の質問に回答願うだけでそこまで個人情報をネットに晒すのは非常に困ります。

そもそも少し突っ込んだ質問をする度に本名を晒すという前例を作っては後々に誰も突っ込んだ質問を掲示板で出せません。

まさかこのような対応をとられるとは思いもしなかった・・・。

最後に:長々とお読みいただき、ありがとうございました。

当エントリーのみのblogにしたいと思っております。

最近の記事

無料ブログはココログ